■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 [PR]しゃわまんぷにぷに! - トップページ[PR]  

イーブイ「ニンゲンなの?」ヒノアラシ俺「ヒノォ…」

1 :ぷにぷに名無しさん:2021/09/26(日) 00:17:26.31 ID:xl9u1e8R0
イーブイ「う〜ん、とても信じられないなあ」
イーブイ「どう見てもポケモンだし…」

ヒノアラシ俺「ヒノ…」

イーブイ「住むところがなくて困ってるんだ」
イーブイ「ここのポケモンたちは助け合って生きてるから、確かに急に余所者は入りにくいかも」

ヒノアラシ俺「ヒノゥ…」

イーブイ「そうだ、ボク、いつもポケモン助けしてるんだ!」
イーブイ「手伝ってくれたらボクの住処に入れて面倒見て上げる!」
イーブイ「そうしたら君も皆に馴染めるはずだよ!」

ヒノアラシ俺「ヒノォ…」

イーブイ「案外楽しいものだよ!ほらほら、付いてきて!」
イーブイ「それに、色んな人と関わっていたら、ニンゲンに戻れる方法も見つかるかもしれないよ?」


2 :ぷにぷに名無しさん:2021/09/26(日) 00:18:51.11 ID:xl9u1e8R0
―半年後―
ヒノアラシ俺「ネィティオの未来予知で、大きな災害が起きそうなのがわかったヒノ!」
ヒノアラシ俺「ヒノは幻のポケモンの力で災害を止めるために呼ばれてきたヒノ!」
ヒノアラシ俺「だから災害を止めたらきっとニンゲンに戻れるヒノ!」

イーブイ「……」

ヒノアラシ俺「さあ、一緒に災害を防ぐために天空の塔に向かうヒノ!」
ヒノアラシ俺「これが最後の冒険ヒノ!」

イーブイ「あのさぁ、俺君」

ヒノアラシ俺「うん?」

イーブイ「冒険やめない?」

ヒノアラシ俺「ヒノッ!?」

3 :ぷにぷに名無しさん:2021/09/26(日) 00:20:36.99 ID:xl9u1e8R0
ヒノアラシ俺「なっ、なんでヒノ!」
ヒノアラシ俺「災害が起きたらいっぱいポケモンが死んで…!」

イーブイ「別によくない?」
イーブイ「二人でとっととこんな島逃げようよ」
イーブイ「空を飛べる奴でも捕まえてさ」

ヒノアラシ俺「…ヒノ!?」

4 :ぷにぷに名無しさん:2021/09/26(日) 00:21:13.67 ID:xl9u1e8R0
ヒノアラシ俺「なっ、なんでヒノ!」
ヒノアラシ俺「あんなにポケ助けが好きって…!」

イーブイ「知ってるよ」
イーブイ「俺君、ニンゲンに戻ったら、こんな非文明的なところ出てって、おいしいごはん食べて、『ぱちんこ』って遊びや、『ふうぞく』ってところいくんだよね」

ヒノアラシ俺「!?」
ヒノアラシ俺「な、なんで…」

イーブイ「寝言で言ってたよ」
イーブイ「こんな面白みもない非文明的な生活は嫌だって」

ヒノアラシ俺「…ヒノォ」

イーブイ「可愛い子ぶってんじゃねーぞ火鼠野郎」

5 :ぷにぷに名無しさん:2021/09/26(日) 00:22:11.58 ID:xl9u1e8R0
イーブイ「俺君はニンゲンには戻させないし」
イーブイ「ボクとずっと一緒にいてもらうし」
イーブイ「そのために、この地のポケモンには悪いけど、隕石で皆死んでもらうよ」

ヒノアラシ俺「み、皆に言ったら、イーブイはお終いヒノ!」
ヒノアラシ俺「イーブイがいなくても、皆の力を借りたら天空の塔に登れるヒノ!」

イーブイ「怪しい流れ者のキミと、キミを保護してあげてるポケ助け好きのボク、皆どっちを信用するかな?」

ヒノアラシ俺「ヒノ…」

イーブイ「キミ、コミュ障だし。ニンゲンだニンゲンだっていうから、影ではみんなおかしい奴だって心配してたよ」

ヒノアラシ俺「ヒノゥ…」

イーブイ「ちなみにキミに夜に襲われた話もそれとなく広めてあるから。誰もキミのことなんて信じないよ?」

ヒノアラシ俺「ヒノォ……」シュン

6 :ぷにぷに名無しさん:2021/09/26(日) 00:22:53.93 ID:emJweitd0
当時私は向かうところ敵なしの、売り出し中のロットデュエリストで、
その日も三田本店で大豚Wの食券片手に、隣のロッターにデュエルを申し込む。
相手は、黒のスーツを品よく着込んだジイサン。
目が悪いのかサングラスをかけている。
デュエルの申し込みに、老人は驚いた風だったが二つ返事で承諾した。
どん、と私たちの前に大豚W全マシが置かれる。
老人相手でも、容赦はしない・・・デュエル開始!
しかしその老人はなかなかのスピードで、私に追いついてくる。
いや・・・向こうのほうが僅かに早い!
「・・・お若いの、ちと暴れすぎたようだな。
ワシは『協会』から派遣された『潰し屋』さ。
俺に負けたら三田界隈からは出て行ってもらうぜ。」
『協会』・・・だと!畜生、ハメられた!
しかし、このまま引き下がるわけには行かない。ならば――
どんぶりから立ち上る湯気が、老人の顔を覆ったその刹那――
秘技『ツバメ返し・一閃』
両手に持ったハシで行う通常のツバメ返しに対し、
一閃は一本のハシで野菜の山を丸ごと掬い上げ、カウンターの下に高速廃棄する。
――勝った!念のため、カウンター下の野菜を奥のほうへと靴で押しやる。
「ジイサン、悪いな。私の勝ちだ。
私は野菜を食うスピードには定評があってね。私は・・・」
しかし、老人は驚く風も無く、薄く笑いながら私のどんぶりを指差した。
馬鹿な・・・!
確かに今カウンターの下に捨てたはずの野菜が、
私のどんぶりに盛りなおされていた。
ありえない・・・いつの間に・・・?
何をされたのかさえ解らず、頭の中が真っ白になる。
床洗浄剤とゴキブリの死骸にまみれたそれを食い続けることは、
私にはできなかった。

「・・・約束だ。もう本店には顔を出すんじゃねえ。
池袋あたりからやり直すんだな。」
Wを完食した老人が、席を立つ。
悔し涙を浮かべる俺。
ふと老人がサングラスを外し、俺の目の前にコトリと置いた。
「腫れた目じゃあ、帰りの電車の中で恥ずかしいだろう。持っていきな。」
「さっきの技・・・あれは一体・・・」嗄れた喉で問いかける。
「絶技『ツバメ殺し』。おまえさんには使えねえよ。
ロットの声が聞こえないおまえさんにはな。
だが、お前にもロットの声が聞こえるようになれば・・・あるいは、な。」
去り行く老人の背中を見つめ、私は復讐を誓った。

7 :ぷにぷに名無しさん:2021/09/26(日) 00:27:45.72 ID:f99bK5VA0
ぷにぷに板+1

8 :ぷにぷに名無しさん:2021/09/26(日) 07:24:32.19 ID:DCPsv3yI0
一番得してるのは人間の世界にも戻れるマグナゲートの主人公ぷにねぇ…

9 :ぷにぷに名無しさん:2021/09/26(日) 14:57:20.58 ID:JJDF+rIY0
続けて、どうぞ

10 :ぷにぷに名無しさん:2021/09/27(月) 07:16:06.22 ID:ejBRZ6Gw0
おもしろい

11 :ぷにぷに名無しさん:2021/09/28(火) 11:28:35.16 ID:VyOmjkC90
やっぱりポケダンのパートナーは愛が重たいぷにね

12 :ぷにぷに名無しさん:2021/10/02(土) 09:36:57.40 ID:SlPbWnQ2i
このパートナーには惹かれるものがある

13 :ぷにぷに名無しさん:2021/10/04(月) 03:13:25.09 ID:jsJGAjVqi
パートナーイーブイとエッチしたい

5KB
新着レスの表示

名前: E-mail(省略可)
READ.CGI - 0ch+ BBS 0.7.4 20131106
ぜろちゃんねるプラス